静岡医療学園専門学校 受験生応援サイト

シズイNAVI-受験生応援サイト|柔道整復師・鍼灸師の国家試験合格を目指そう

整形外科の先生

シズイNAVI>お仕事図鑑>整形外科の先生
お仕事図鑑

整形外科の先生seikei

整形外科の先生

整形外科とは、骨・靭帯・筋肉・関節などの運動器の病気とケガを診断/治療する診療科です。 運動器は身体の動きと密接に関わっていてどれかひとつが悪いと上手に動くことが出来なくなります。 主に骨折・神経痛・リウマチ・腰痛などが対象の症状です。

01

整形外科の先生の仕事内容

整形外科に通う患者さんは、年齢が様々です。対象の症状としては運動器の骨折や靭帯の損傷などの負傷がある場合になります。

緊急病院であれば、交通事故での負傷なども少なくありません。骨折の内容によっては生死に関わることもあります。

運動器を負傷して、自分自身では動きづらい方と接する事も多く補助など体力を使います。X線写真やMRI画像については、読めるようになることで一気に医院の業務効率化に貢献することができますし、患者さんとより深いコミュニケーションをとることが可能になります。

また、患者様の普段の生活に合わせた動作指導を行うので、仕事での動作や家での過ごし方を聞いたうえで立ち方や座り方、歩行時の重心移動や杖の着き方なども指導します。特に整形外科では関節の変形が強い患者様や内科疾患を抱えた方まで多くの方が通院されます。患者様の体力、変形した関節の動きに合わせた運動指導を行います。

整形外科の先生の一日

6:00 起床、支度
7:30 出勤
8:00 準備、朝礼、患者情報の共有
9:00 リハビリ業務
10:00 リハビリ業務
12:00 お昼休憩
13:00 勉強会
14:00 リハビリ業務
17:00 診察補助
02

整形外科の先生の活躍の場

総合病院、個人病院、整形外科などで活躍できます。一部の整形外科ではリハビリだけではなく、診察の補助も行います。ドクターの指示のもと、骨折の整復補助からギプスでの固定や外傷の処置をする際の補助として仕事をします。特に骨折後の固定はどんな姿勢、角度で固定するのかによってその後の骨折の回復度合いや固定除去後の関節の可動域の変化に大きく関わってきます。骨癒合後のリハビリよりも固定後からすぐのリハビリの方が大事になってくるので、骨折や脱臼の急性外傷を扱う柔道整復師の知識や技術が必要とされることもあります。

02

資格の取り方

整形外科では骨折や手術後の患者様も来院されるので身体機能の回復を目的としたリハビリを行ったりします。痛みによって身体が動かしにくく、日常生活に支障があれば疼痛除去を優先してリハビリを行い、再発予防、状態維持の為の運動指導を行いますので、運動器系の知識と技術を持っている国家資格の鍼灸師、柔道整復師を取得している方もいます。鍼灸師・柔道整復師の資格は3年生の専門学校で取得が可能です。

また、整形外科では高齢の患者様が多く来院されます。リハビリをする中で患者様を取り巻く生活環境や身体の状態によっては介護保険の使用を勧める場合もあります。介護保険関連であれば公的資格であるケアマネージャーが有名です。他にも患者様に還元できる情報であれば栄養に関するものや美容・スポーツなどにも応用できる民間資格もあります。最近では通信で民間資格を取得することもでき、自分の仕事に関わる分野の勉強として役に立つものも多いと思います。

整形外科の先生になるための方法

国家資格に合格することは一番基礎の医療知識を持っただけの状態に過ぎません。その基礎を築いた上で卒業後から治療のための知識・技術を身に着けて患者様の施術に当たります。医療技術や様々な病気の治療も日に日に進歩している為、昨日までの治療の常識が突然変わることもあります。その為、卒業後の方が勉強しなければいけないことが多く、この仕事に学ぶことの終わりはありません。国家資格の合格にゴールを設定している人はこの仕事は向いていないと思います。

04

キャリアプラン

仕事の幅を広げるなら超音波での画像解析・状態把握能力やテーピングの技術を生かせればトレーナーなどのスポーツ分野では怪我の処置から治療、競技復帰まで全て選手に寄り添った仕事ができます。姿勢の改善・トレーニング指導などではスポーツだけではなくボディメイクとして美容分野に繋げることもできます。鍼灸師・柔道整復師には開業権があり、自分で院を経営することが出来ます。自分の院を持てるということは自分で何をやりたいのか・どんな院にしたいのかが自由に出来て、より専門性に特化した仕事が出来るようになる資格です

INTERVIEW

増田さん

資格
柔道整復師、鍼灸師
職業
整形外科でのリハビリ

患者様に寄り添ったリハビリ

学生の頃から整骨院でバイトし、知識だけではなく現場での技術も学んできました。ですがより多くの骨折や脱臼などの外傷の勉強をしたいという思いもあり、ご縁があって現在の整形外科に勤務しています。ドクターの理解もあり、様々な外傷や処置の補助をさせてもらえることはとても大きな経験となっています。その中でも骨折後や手術後の患者様のリハビリは整形外科でないと経験することが少ないと思います。今までの知識だけでは到底足らず、学生の時には学ばなかった手術方式なども勉強する機会が増えました。整骨院の時もそうでしたが、卒業してからの方が勉強は大変です。また知識だけではなく、患者様への状態の説明などの伝え方も、それぞれの方に分かりやすいように伝えるように心がけています。患者様によっては自宅でのトレーニングメニューや普段の生活での注意事項をまとめた資料を作成しお渡しすることもあります。痛みの原因も日々の生活動作の積み重ねで起きているので、根本治療という点では整形外科での治療だけではなく、患者様自身にも気を付けていただくことがあるので、リハビリは二人三脚で行います。患者様との信頼関係を結ぶことも大事になってくるので、症状が改善されて感謝の言葉を頂けたときは嬉しいですし自分の自信にも繋がります。

現在は整形外科でのリハビリを中心に仕事をしていますが、今後は鍼灸の資格も生かせるように治療内容や自費での施術の幅を職場と相談して広げていきます。自分が女性ということもあり、普段の仕事の際にも女性特有の症状の相談や、美容に関しての話を聞かれることが多いので、リハビリ分野以外のアプローチも積極的に行っていきたいと思います。

写真:増田さん

そのほかの仕事を見る

資料請求